買いもん

記念すべき第1回目のエキシビジョンは三澤さんの靴。新型が自分用にすでに上がってきていて、今日はそれに合わせたいパンツを探しに洋服屋さんをまわった。
もちろん小山さんとかkbyを履けば良いんですよ。でも時に照れるというか。時にトゥーマッチというか。一つ一つに手作業の世界観が詰まりすぎていると、。本当はそういうことを思ったりしたらいけないんですけども。

結局2本パンツを買った。一つは骨董通りのセレクトショップの自社物。もう一つはクチネリ。

クチネリには年末に行った時、金八先生みたいなおそらく古参の店員さんに小山さんのコートを褒めてもらいまして、それを思い出して寄ってみたんです。でも三澤さんの靴に合うものが全然無くて、そっかーってウィメンズ見てたらいいの見つけた。女性物。ヒップに違和感があったからここにボタンつけられますか?って実際にホールは開けないけど飾りでちょっと外側につけて少しでもメンズっぽくしてもらった。あとフロントのボタンも無い方が良いってその場で千切ったりと、強引な自分別注に。若い店員さんは少々困惑してたけど、金八先生は「いいねーキミ」みたいな感じだった。私はこういうこともまた「洋服」だと思ってる。肌感だと、今はやっぱり真面目な教科書みたいなことを求められるし、お買い物に失敗はしたくないし、最短で間違いないものを手に入れたい、みたいな賢さが正義の時代ですが、もっともっとほんとは直感を信じたり、動物的でいいと思うんです。結局はその服を使って自分がどうありたいのか。と言ったら大袈裟ですけど。
ちなみに帰宅して魔法の無い鏡で今一度見たらウィメンズはやっぱりウィメンズだった。