ウィンドウ

シール貼った。いい感じ。さっき3階の寺田美術の寺田さん(女性)が来てくれて「かっこいい!」って褒めてくれた。練習も兼ねてちょっとだけお品について語らせてもらった。でも全然響いてなかったです。やはりこういうのは男の、というかマニアの世界特有なのでしょうか。でもコーデュロイを見てこれなら似合うかもって言ってた。バックグラウンドよりもシルエットや色、重たいとか軽いとか、そういうベーシックな判断基準で「似合う」に至ったのでしょう。

こういうモノに対してでもそれが出来ると映る世界が変わる気がする。